千葉市美術館
サイトマップホーム

展覧会情報
所蔵作品
房総ゆかりの作品
近世・近代の
  日本絵画・版画
現代美術
イベント
教育普及
ご利用案内
施設案内
出版物
その他
コレクション



Collection 03|現代美術

"Collection 3"では、第二次世界大戦が終了した1945年以降に制作された、日本と欧米の現代美術を収集しています。


戦後美術は、急速に変化を遂げる時代の流れに歩調をあわせるがごとく、様々な動向や表現手法を次々に生み出してきました。千葉市美術館では、それぞれの時期に重要な問題を提起した重要な作品を関連付けながら回顧・検証し、幅広い視野のもとに収集を行っております。特に1970年代の日本美術では、特色のある層の厚いコレクションが形成されています。

※当館では作品保存のため、所蔵作品を常設展示しておりません。今後の所蔵作品展につきましては、展覧会スケジュールをご確認ください。


作 家 作 品 制作年  
比田井 南谷 作品1(電のヴァリエーション) 1945年
柳原 義達 黒人の女 1956年
菅井 汲 10秒前
1967年
福嶋 敬恭 無題(1) 1979年
八木 正 中間子 1980年
草間 彌生 幻の青春をあとにして 1988年

 

これまでの所蔵作品展より (出品目録のダウンロード)

 「現代美術と祈り」 2013年10月1日〜11月17日

 「特集展示|斎藤義重:1980年代以降を中心に」 2012年9月8日〜10月21日
 
 「実験工房の作家たち」2011年11月22日〜2012年1月29日

  「ドローイングの楽しみ」2011年6月14日〜7月31日

 「新收蔵作品展」 2011年1月29日〜2月27日

 「勅使河原蒼風と戦後美術」 2010年7月6日〜8月15日

 「サトウ画廊コレクション〜現代版画の魅力」 2009年12月15日〜12月26日

 「現代日本の彫刻 金属を素材とした作品を中心に」 2009年10月31日〜2010年1月17日

 「現代日本の彫刻 木を素材とした作品を中心に」 2009年9月14日〜10月21日

 「こんな作品あったよ〜中学生が選ぶ所蔵作品展〜」 2009年6月27日〜8月9日

 「新収蔵作品展〜写楽、夢二、そして房総ゆかりの作家たち」 2009年2月3日〜3月1日

 「カラーズ・色彩のよろこび」 2008年12月20日〜2009年1月25日

  「現代美術の夏休み」 2008年7月29日〜9月7日

  「満寿夫・マスオ・MASUOー『池田満寿夫』理解のための三章 2008年4月5日〜5月18日

  「逝きし芸術家を偲んで」 2007年11月11日〜2008年1月6日

  「星をさがして―宇宙とアートの意外な関係 2007年11月11日〜2008年1月6日

 「1970年代の美術 -「文 承根+八木 正 1973-83の仕事」展 理解のために 2007年9月23日〜11月4日

 「特集展示 草間彌生・荒川修作・篠原有司男」 2006年12月11日〜2007年1月14日

 「サトウ画廊 1955-1981 〜若く、熱い日々〜」 2006年12月11日〜2007年1月14日

 「海に生きる・海を描く〜応挙・北斎から杉本博司まで〜 2006年6月3日〜7月1日

 「銅版画の宇宙ー若林奮と清原啓子 〜千葉市美術館所蔵作品展〜 2006年2月14日〜2月26日

 



  ページトップへ