千葉市美術館
サイトマップホーム

展覧会情報
所蔵作品
イベント
講演会・講座
ワークショップ
催し物
ギャラリートーク
イベント報告
教育普及
ご利用案内
施設案内
出版物
その他
イベント



講演会・講座

岡崎和郎 Who's Who−見立ての手法 関連

日時/場所 内容

10月1日(土)
14:00より

(13:30開場予定)
11階講堂にて

講演会
「Who’s 岡崎和郎ーオブジェ・ダダ・シュルレアリスム」

巖谷國士(明治学院大学名誉教授)

聴講無料/先着150名(当日12:00より11階にて整理券配布)



10月15日(土)
14:00より

(13:30開場予定)
11階講堂にて

講演会
「岡崎和郎 オブジェの時代」

加治屋健司(東京大学大学院総合文化研究科准教授)

聴講無料/先着150名(当日12:00より11階にて整理券配布)



小川信治−あなた以外の世界のすべて 関連

日時/場所 内容

9月24日(土)
14:00より

(13:30開場予定)
11階講堂にて

対談
「小川信治のグランドツアー、その思考と制作」


小川信治によるレクチャーの後、これまでの作品制作の歩みや、今回が初の試みとなる新作インスタレーション制作の過程などについて、国立国際美術館にて「小川信治展―干渉する世界―」(2006年)を企画担当した平芳幸治との対談形式で語ります。

【出演】小川信治、平芳幸浩(京都工芸繊維大学 美術工芸資料館准教授)
【司会進行】畑井恵(当館学芸員)

聴講無料/先着150名(当日12:00より11階にて整理券配布)




コレクション理解のための市民美術講座

千葉市が今まで収集した美術品は、企画展や所蔵作品展でテーマを決めて公開していますが、収集された美術品が美術史の中でどのように位置づけられるのか知りたいという声が寄せられています。「市民美術講座」は、このような声にお答えし、市民のみなさまに千葉市美術館のコレクションを紹介し、作品についての理解を深めていただくものとして、2004年度より実施しております。
2014年度は4月より、開催中の展覧会も意識した内容で、当館学芸員による講座を全10回予定しております。

*各回とも午後2時より、11階講堂にて。聴講無料、先着150名様。

2016年度  市民美術講座

日程 内容
第1回
5月7日(土)
※終了しました

「吉田博 –残された資料が語ること」

  【講師】西山純子(当館主任学芸員)

第2回
6月11日(土)
※終了しました

「『ふたつの柱』のむこうがわ」

  【講師】畑井恵、松岡まり江(当館学芸員)

第3回
7月30日(土)
※終了しました

「河井と棟方、その広大な世界」

  【講師】藁科英也(当館学芸課長代理)

第4回
8月13日(土)
※終了しました

「昭和30年のアヴァンギャルド –実験工房と実験茶会–」

  【講師】藁科英也(当館学芸課長代理)

第5回
9月17日(土)
※終了しました

「岡崎和郎入門」

  【講師】水沼啓和(当館主任学芸員)

第6回
10月22日(土)

「小川信治が描く世界」

  【講師】畑井恵(当館学芸員)




  ページトップへ