千葉市美術館
サイトマップホーム

展覧会情報
開催中の展覧会
スケジュール
市民ギャラリー
過去の展覧会
2007-2010年度

2003-2006年度

1995-2002年度
所蔵作品
イベント
教育普及
ご利用案内
施設案内
出版物
その他



ふたつの柱 −江戸絵画/現代美術をめぐる


会期 2016年6月1日(水)〜 6月26日(日)



 
 



  本展では、千葉市美術館のコレクションの「ふたつの柱」ともいえる、江戸絵画と現代美術をあわせて展示します。
 展示室では、現代美術、江戸絵画をそれぞれのセクションでご覧いただいたあと、風景をテーマにしたもの、モノクロームの作品、私たちを取り巻く日常を題材にとるものなど、いくつかのテーマに沿って、江戸絵画と現代美術を同じ空間に取り合わせ、お楽しみいただきます。
 普段並ぶことの少ない作品同士の競演によって、時を経て大きく変化した美術のかたちを感じていただくとともに、その中でなお変わらないものを考えたり、意外な共通点を見つけたりと、様々な切り口からコレクションを眺めます。
 雨の季節、美術館に散歩に出かけるようなくつろいだ気持ちで、作品との出会いをお楽しみください。

 主  催 千葉市美術館



 

曾我蕭白 《獅子虎図屏風》 宝暦期(1751-64)頃 千葉市美術館蔵




中西夏之 《作品−たとえば波打ち際にて IX》 1985年
千葉市美術館蔵 




鍬形~斎 《草虫図》 文化(1804-18)後期〜文政7(1824)頃 千葉市美術館蔵




伊藤若冲 《寿老人・孔雀・菊図》 宝暦(1751-64)末頃 千葉市美術館蔵




ダン・グレアム 《円形の入口のある三角柱 (ヴァリエーションE)》 1997年 千葉市美術館蔵







トーマス・ルフ 《室内》 1982年 千葉市美術館蔵




葛飾北斎 《冨嶽三十六景 相州七里浜》 天保2〜4年(1831-33)頃 千葉市美術館蔵
ご案内
観覧料

一般    200円(160円)
大学生   150円(120円)

※( )内は団体20名以上の料金
※ 千葉県在住の65歳以上の方、小・中学生、高校生、および障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名は無料

開館時間 日〜木曜日 10:00〜18:00
金・土曜日 10:00〜20:00
※入場受付は閉館の30分前まで
休館日

6月6日(月)

関 連

■鑑賞ワークショップ
「いっしょに見るとたのしいね(^ ^)」
(事前予約制)
6月4日(土)、6月18日(土)/各日14:00より(1時間程度)/展示室にて/参加無料(ただし観覧券が必要です)/対象:小学3年生以上/先着10組(20名)
鑑賞ツールを使って、展示作品を楽しく見ていきます。ふたりでおしゃべりしながら見たり、違う場所から同じ作品を見てみたり。いつもとはちょっと違った見方で、美術館を楽しんでみませんか?
※2人1組でお申し込みください。

【申込方法】

・電話から

千葉市美術館(043-221-2311 )へお電話いただき、参加希望日・氏名・年齢・電話番号をお伝えください。

・ホームページから
こちらからお申し込みください。
※迷惑メールなどの受信を制限する設定をされている方は、ご応募の前に @ccma-net.jp ドメインのメールを受信できるよう、ご設定ください。

【注意事項】
※メールフォームからお申し込みの方には、お申込後すぐに受理メールが送られます。申込受理メールがすぐに届かない場合、迷惑メールのフォルダに振り分けられている場合がございますので、ご確認ください。その上で届いていない場合は、お手数ですがご連絡ください。


■市民美術講座
「『ふたつの柱』のむこうがわ」

【講師】畑井恵、松岡まり江(当館学芸員)
6月11日(土)14:00より(13:30開場予定)/11階講堂にて/聴講無料/先着150名
 
ギャラリートーク

担当学芸員による ―6月1日(水) 14:00より
ボランティアスタッフによる ― 会期中毎週水曜日(6月1日を除く)14:00より
※水曜日以外の平日の14:00にも開催することがあります。
※会場の混雑状況により中止となる場合がございます。


  ページトップへ