千葉市美術館
サイトマップホーム

展覧会情報
開催中の展覧会
スケジュール
市民ギャラリー
過去の展覧会
2007-2010年度

2003-2006年度

1995-2002年度
所蔵作品
イベント
教育普及
ご利用案内
施設案内
出版物
その他



河井試沽Yと棟方志功 
日本民藝館所蔵品を中心に


会期 2016年7月6日(水)〜 8月28日(日)



 




美術は理想に迫れば迫るほど美しく、工藝は現実に交われば交わるほど美しい。−柳宗悦『工藝の美』


 民芸運動の創始者として世界的に知られる柳宗悦(1889-1961)が創設した日本民藝館には、その考えに賛同し、支えた個人作家の作品が収蔵されています。柳の思想に共鳴した陶芸家・河井寛次郎(1890-1966)と板画家・棟方志功(1903-75)は、よき協力者として柳を実践面で支えた作家たちでした。柳が唱えた「民芸」の考え方は、さまざまな人々や社会に影響を与えましたが、全国各地の職人たちが作り上げた「もの」の美しさから学び、尊んだ河井や棟方のような個人作家の存在は、民芸運動の推進役となって活動を支えました。

 河井は1921(大正10)年に中国をはじめとする古陶磁の技法に精通した新進の陶芸家として登場しました。しかし、自らの個展開催中に柳が朝鮮半島で収集した李朝(朝鮮時代1392-1910)の陶磁器の展覧会を見たことによって、技術偏重の姿勢を反省するようになりました。やがて二人は出会い、河井の後輩であった陶芸家・濱田庄司(1894-1978)とともに「民芸」という言葉を創案しました。

 1936(昭和11)年、民芸運動の拠点として東京・駒場に日本民藝館が開設されます。民藝館の建築中に棟方は当時としては大作の板画《大和し美し》をきっかけに柳たちと出会いました。その後、制作のジャンルは異なりながらも河井と棟方は生涯を通して、師弟として相互に影響を与え合うことになります。河井と棟方、そして柳の交流は日本民藝館のあゆみそのものでもあったのです。

 日本民藝館が所蔵する河井と棟方の作品は、柳という稀有な思想家がみずからの眼によって収集し、展覧会や出版物で紹介した作品が中心です。その中には、棟方が河井に捧げた板画《鐘溪頌(しょうけいしょう)》をはじめ、二人の芸術家を語る上で欠かせない作品が数多くあります。また、棟方の作品は柳の案によって河井、濱田をはじめとする個人作家や職人たちの協力を得て表装が施されたものもあり、他のコレクションには見られない特徴となっています。

 2015年は棟方の歿後40年、2016年は日本民藝館の創設80周年であり、河井の歿後50年です。本展は日本民藝館が所蔵する二人の芸術家の貴重な作品を中心とした約240点によって、日本の美術史上稀な芸術の共鳴と、その機会を生み出したひとりの思想家の眼を紹介するものです。

*棟方志功は、板の生まれた性質を大事に扱い、木の魂をじかに生み出すために、「板画(はんが)」という言葉を用いています。

point 「河井寛次郎と棟方志功 日本民藝館所蔵品を中心に」出品リストはこちら(PDF:480KB)

 主  催 千葉市美術館、NHK千葉放送局、NHKプロモーション
 監修協力 日本民藝館
 協  力 高久国際奨学財団





河井寛次郎《碎紅芒目(さいこうのぎめ)草花文花瓶》
1920(大正9)年 河井寛次郎記念館蔵




河井寛次郎《鉛釉象嵌大皿》
1930(昭和5)年 日本民藝館蔵




河井寛次郎《海鼠釉扁壷》
1937(昭和12)年 日本民藝館蔵




河井寛次郎《辰砂丸紋角瓶》
1940(昭和15)年 日本民藝館蔵




棟方志功《大和し美し 下巻》より「倭建命(やまとたけるのみこと)」 
1936(昭和11)年 日本民藝館蔵




河井寛次郎《白釉菱型面取扁壷》
1942(昭和17)年 河井寛次郎記念館蔵





河井寛次郎《三色打薬扁壷》
1963(昭和38)年 河井寛次郎記念館蔵




棟方志功 《火の願ひ板畫柵》より「鐘溪窯の柵」1947 (昭和22)年 日本民藝館蔵











棟方志功《鬼門譜板畫譜》より「眞黒童女」 
1937(昭和12)年 日本民藝館蔵
 




棟方志功 《鐘溪之神》
1945-50 (昭和20-25)年頃 河井寛次郎記念館蔵




棟方志功《華厳譜》より「十八 風神」 1936(昭和11)年 日本民藝館蔵 

ご案内
観覧料

一般   1,200円(960円)
大学生  700円(560円)
小・中学生、高校生無料

※( )内は前売券、団体20名以上、市内在住65歳以上の方の料金
※障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名は無料
※前売券はミュージアムショップ(6月26日まで)、ローソンチケット[Lコード:35089]、セブンイレブン[セブンチケット]および、
千葉都市モノレール「千葉みなと駅」「千葉駅」「都賀駅」「千城台駅」の窓口(8月28日まで)にて販売
セブンチケットでは、レストラン割引特典のついたペア観覧券もご用意しています。

開館時間 日〜木曜日 10:00〜18:00
金・土曜日 10:00〜20:00
※入場受付は閉館の30分前まで
休館日

8月1日(月)

関 連

■記念講演会(事前申込制)
「歓喜の二人〜歓の巻・河井寛次郎〜」

【講師】鷺 珠江(河井試沽Y記念館学芸員/河井試沽Y令孫)
7月24日(日)14:00より(13:30開場予定)/11階講堂にて/聴講無料
定員150名  ※申込締切 7月13日(水)必着 

「歓喜の二人〜喜の巻・棟方志功」
【講師】石井頼子(棟方志功研究家/棟方志功令孫)
8月20日(土)14:00より(13:30開場予定)/11階講堂にて/聴講無料/
定員150名  ※申込締切 8月10日(水)必着

■記念茶話会(事前申込制)
河井試沽Yは五条坂の自宅で日々お茶を楽しみました。その暮らしは故郷である島根県安来の人々の家庭茶に由来します。棟方志功も河井宅で過ごした経験から、自宅でお茶を楽しむようになります。作法のいらないお茶ですので、お気軽に平服でお越しください。

「寛次郎の器で楽しむお茶」
※申込締切 7月13日(水)必着 
【講師】鷺 珠江(河井試沽Y記念館学芸員/河井試沽Y令孫)
7月23日(土)
〔1〕11:00〜12:30 〔2〕14:00〜15:30 〔3〕16:30〜18:00

「棟方志功流 お茶の楽しみ」※申込締切 8月10日(水)必着 
【講師】石井頼子(棟方志功研究家/棟方志功令孫)
8月21日(日)
〔1〕11:00〜12:30 〔2〕14:00〜15:30
いずれも  対象:中学生以上  定員:各回10名  参加費:一席1,000円

■ファミリー・プログラム(事前申込制)
「こんな顔みっけ!〜木の粘土でお面をつくろう〜」

親子一緒に、身近なものの中から色々な顔を見つけていきます。見つけた顔は、最後に木の粘土でお面にして持ち帰りましょう。
8月14日(日)/13:30より/11階講堂にて
対象:小学1〜6年生の親子  定員10組20名  参加費500円/組
※申込締切 8月4日(木)必着

【申込方法】
注意事項を必ずご確認の上、以下の方法でお申し込みください。

・往復はがきの場合
郵便番号、住所、電話番号、氏名、参加希望のイベント名、参加人数(2名までお申込可)、参加者の年齢を明記の上、下記までお申し込みください。
〒260-8733 千葉市中央区中央3-10-8 千葉市美術館 イベント係

【往復はがき申し込み注意事項】
※記念茶話会参加希望の方は、希望日時も明記してください。
※ファミリー・プログラム参加希望の方は、2人分の氏名・子どもの学年・当日連絡可能な連絡先を明記してください。
※お申込みは1つのイベントにつき1通、申込多数の場合は抽選。
※往復はがきでお申し込みの方は、申込締切日の2〜3日後に当落結果や参加方法をお知らせいたしますので、お知らせが届かない場合は、お手数ですがご連絡ください。


・WEB申し込みの場合
講演会、記念茶話会申し込みはこちらから
ファミリー・プログラム申し込みはこちらから
※迷惑メールなどの受信を制限する設定をされている方は、ご応募の前に @ccma-net.jp ドメインのメールを受信できるよう、ご設定ください。

【WEB申し込み注意事項】
※メールフォームからお申し込みの方には、お申込後すぐに受理メールが送られます。抽選結果につきましては、申込締切日の2〜3日後に当選者の方にのみお知らせいたしますので、予めご了承ください。
申込受理メールがすぐに届かない場合、迷惑メールのフォルダに振り分けられている場合がございますので、ご確認ください。その上で届いていない場合は、お手数ですがご連絡ください。
※申込多数の場合は抽選。


■市民美術講座
「河井と棟方、その広大な世界」

【講師】藁科英也(当館学芸課長代理)
7月30日(土)14:00より(13:30開場予定)/11階講堂にて/聴講無料/先着150名
 
「昭和30年のアヴァンギャルド―実験工房と実験茶会―」
【講師】藁科英也(当館学芸課長代理)
8月13日(土)14:00より(13:30開場予定)/11階講堂にて/聴講無料/先着150名 

■中学生のためのギャラリークルーズ'16
7月22日(金)、23日(土)/10:00〜15:00随時受付(所要時間30分程度)
子どもだけでの来館と鑑賞を美術館ボランティアスタッフがサポートします。一人でもグループでも参加可。夏休みの宿題(展覧会鑑賞)にも対応できます。
参加希望の方は8階展示室へお越し下さい。

■特別企画「美術館で縁日気分!!」
「千葉の親子三代夏祭り」にあわせて、花輪茶之介さんによる飴細工の実演ほか、様々なお楽しみブースをご用意します。大人も子どもも縁日気分をお楽しみください。
8月21日(日)/13:00〜17:00/1階さや堂ホールにて ※会場の出入りは自由です。

ギャラリートーク

担当学芸員による ―7月6日(水) 14:00より
ボランティアスタッフによる ― 会期中毎週水曜日(7月6日を除く)14:00より
※水曜日以外の平日の14:00にも開催することがあります。
※会場の混雑状況により中止となる場合がございます。

 

point 展覧会カタログ

同時開催

point 所蔵作品展 河井・棟方の周辺−所蔵作品の現代美術に見る


  ページトップへ