千葉市美術館
サイトマップホーム

展覧会情報
開催中の展覧会
スケジュール
市民ギャラリー
過去の展覧会
2007-2010年度

2003-2006年度

1995-2002年度
所蔵作品
イベント
教育普及
ご利用案内
施設案内
出版物
その他



ミニマル マキシマル
−ミニマルアートとその展開


会期 2001年4月10日(火)―6月3日(日)


ダンス・フロア
ピオトル・ウクランスキー
1996 Voges und Deisen.
Gavin Brown Enterprise


この展覧会はミニマルアートとその後の現代美術の動向の対照をお楽しみいただくものです。

ミニマルアートとは20世紀後半の最重要な美術の動向です。1960年代にドナルド・ジャッド、カール・アンドレ、ソル・ルウィットなどの作家が幾何学的形態を利用したシンプルな作品を米国で発表し、世界を席巻しました。その動向は欧米の実に多くのアーティストに影響を及ぼし、今なおその影響力は衰えません。以降の世代はミニマルアートに対する批判、展開など様々なスタンスにより、ミニマルアートがモダニズムの頂点であり同時にその終焉の始まりであったことを示しています。

この展覧会は一昨年来欧州数会場で開催され、この度日本向けに再構成されるものです。31作家の38作品の多くは欧州の美術館やコレクターから借用した貴重な作品です。60年代のミニマルアートの作品と、主に90年代に活躍した若手の人気作家たちの作品が対峙的に展示されます。その中には、モナ・ハトゥーム(英国)、カーリン・ザンダー(ドイツ)、F・G-トレス(米国)など昨今の美術界を賑わしている人気作家たちが名を連ねています。

また企画には世界屈指のコレクターミュージアムであるウェーザーブルグ現代美術館(ブレーメン)の協力を得ています。インターナショナル・コンセプトの展覧会ということも特徴です。




無題
ドナルド・ジャッド
1998 Lafrenz Collection
無題(鏡の立方体)
ロバート・モリス 1971
Galerie Philomene Magers蔵


無限の立方体
ミケランジェロ・ピストレット
1965-6 Pitoletto財団
銅とマグネシウムの混合スクエア
カール・アンドレ 1969
Galerie Konrad Fischer


ショーケース
竹岡雄二
1996 作家蔵
磨かれた鶏卵
カーリン・ザンダー
1994-5 作家蔵


ご案内
観覧料 一 般 1,000円
大高生 700円
小学生・中学生 300円
開館時間 10:00-18:00(入館は閉館の30分前まで)
金曜日は20:00まで(入館は閉館の30分前まで)
休館日 月曜日
4月30日【月/祝】は開館、翌5月1日【火】は閉館
主 催 千葉市美術館,ブレーメン・ウェーザーブルク現代美術館
後 援 東京ドイツ文化センター
協 力 ルフトハンザドイツ航空, D'ART
助 成 IFA(ドイツ対外文化交流研究所),
Pro Helvetia(スイス・プロ・ヘルヴェ ティア文化財団)、
財団法人花王芸術・科学財団、財団法人東洋信託文化財団
関 連 展覧会カタログ

  ページトップへ