千葉市美術館
サイトマップホーム

展覧会情報
開催中の展覧会
スケジュール
市民ギャラリー
過去の展覧会
2007-2010年度

2003-2006年度

1995-2002年度
所蔵作品
イベント
教育普及
ご利用案内
施設案内
出版物
その他



開館15周年記念 特別展
田中一村 新たなる全貌


会期 2010年8月21日(土)〜9月26日(日)






 田中一村(1908-77)は、栃木に生まれ、千葉市に20年住み、奄美大島へ渡って亜熱帯の植物や鳥などを題材にした日本画を描き、生前それらの作品を公表する機会もなく無名のまま没した画家です。没後の1980年代、テレビの美術番組での紹介が空前の反響を呼び全国に知られるようになりました。
  本展は、一村ゆかりの地にある美術館が共同で本格的に取り組む初めての回顧展で、近年の調査で新たに発見された資料を多数含む約250点の出品作品による、過去最大規模の展観となります。これまで生涯の軌跡を中心に語られていた一村の作品世界を検証し、画家としての実像を明らかにしようとするものです。

「田中一村 新たなる全貌」出品リストはこちら(PDF 672KB)
「こどものためのセルフガイド」はこちら(PDF384KB)
「田中一村 新たなる全貌」YouTube(動画)はこちら

 主  催
 後  援
 協  賛

展覧会の巡回日程
 鹿児島市立美術館:2010年10月5日(火)
〜11月7日(日)
 鹿児島県奄美パーク 田中一村記念美術館 :2010年11月14日(日)〜12月14日(火)
 *両会場とも作品の展示替えがあります。



《白い花》昭和22年 個人蔵



《黄昏》個人蔵



《艶鞠図》昭和3年 個人蔵




《アダンの海辺》昭和44年 個人蔵




《不喰芋と蘇鐡》個人蔵



《熱帯魚三種》昭和48年 個人蔵 






(スケッチ群より)《五色海老》田中一村記念美術館蔵


【展覧会紹介動画】


【展示風景動画】


ご案内
観覧料

一  般  1000円(800円)
大学・高校生  700円(560円)
小・中学生無料

※( )内は前売り、団体30名様以上、および市内在住60歳以上の料金
※障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名は無料
※前売券は千葉市美術館ミュージアムショップ(6月25〜
8月15日)、ローソンチケット(Lコード:38308)、千葉都市モノレール「千葉みなと駅」「千葉駅」「都賀駅」「千城台駅」の窓口にて販売(9月26日まで)。

開館時間 日〜木曜日 10:00〜18:00
金・土曜日 10:00〜20:00
※入場受付は閉館の30分前まで
休館日

第一月曜日(9月6日)

関 連 シンポジウム「田中一村の新たなる全貌を求めて」
8月22日(日)13:30より/11階講堂にて
聴講無料/先着150名(12:00より1階さや堂ホールにて整理券を配布)

司会:小林忠(千葉市美術館館長)
報告者:
河野エリ(栃木市教育委員会文化課学芸推進担当学芸員)
末吉守人(美術史家・元石川県立美術館学芸主幹)
前村卓巨(鹿児島県立松陽高等学校教諭・前田中一村記念美術館学芸専門員)
松尾知子(千葉市美術館学芸員)
山西健夫(鹿児島市立美術館学芸係長)


記念講演会「田中一村と千葉、そして奄美」
9月19日(日)14:00より/11階講堂にて
聴講無料/先着150名(12:00より1階さや堂ホールにて整理券を配布)
【講師】小林忠(千葉市美術館館長)


市民美術講座「田中一村と千葉」
9月11日(土)14:00より/11階講堂にて
聴講無料/先着150名
【講師】松尾知子(当館学芸員)

ギャラリートーク
担当学芸員による:8 月25日(水) 14:00より
ボランティアスタッフによる:8月25日以外の会期中毎週水曜日14:00より

関連展示
「千葉市美術館のあゆみ」
1階エントランス奥スペースにて/入場自由
この秋開館15周年を迎える千葉市美術館。
これまでの展覧会活動を中心に、15年のあゆみをふりかえります。

 

point 展覧会カタログ

同時開催

point 所蔵作品展「わが心の千葉」

  ページトップへ