千葉市美術館
サイトマップホーム

展覧会情報
開催中の展覧会
スケジュール
市民ギャラリー
過去の展覧会
2015年度-
2011-2014年度
2007-2010年度

2003-2006年度

1995-2002年度
所蔵作品
イベント
教育普及
ご利用案内
施設案内
出版物
その他



生誕130年 川瀬巴水展 —郷愁の日本風景


会期 2013年11月26日(火)〜 2014年1月19日(日)
※本展は終了いたしました。



 

《尾州半田新川端/東海道風景選集》
木版、紙 昭和10年 渡邊木版美術画舗蔵


 川瀬巴水は明治16(1883)年、東京市芝区露月町(現在の港区新橋5丁目)の生まれ。幼い頃から絵を好み、画家を志しましたが本格的な修業の開始は遅く、鏑木清方への入門を果した後のこと。すでに27歳になっていました。
 転機が訪れたのは大正7(1918)年。同門の伊東深水が手がけた連作《近江八景》を見て木版画の魅力に打たれます。そして版元・渡邊庄三郎と組み、塩原に取材した三部作を翌年発表。写生に基づく温雅な下絵が清新な木版画となり、好評をもって迎えられました。以後旅にでてはスケッチをし、東京に戻っては版画を作るという暮らしを、病で世を去る昭和32(1957)年まで続けたのです。
 巴水の旅は日本全国に及びました。名所旧跡も選びましたが、多くはかつて日本のどこにでもあった風景。四季や時刻の表情を大切にし、またしばしば土地に暮らす人々を点景として織り交ぜながら、おぼろ月の、わきたつ入道雲の、そぼふる雨の、しんしん雪の降る風景を、巴水はあくことなく描き続けました。生涯に残した木版画は600点を超えます。旅の印象を抒情的に描くその作風から、「昭和の広重」とも称えられました。

 本展は、渡邊庄三郎の孫である渡邊章一郎氏の全面的な協力を得て開催されます。その良質な渡邊版を惜しみなくご出品いただくほか、巴水の生の感興を伝える写生帖や原画類をあわせて展示し、旅先での足取りや版画制作の過程も浮き彫りにします。今やどこにも存在しない、懐かしい日本の風景に会いにー。展示室を巡る旅に、ぜひおでかけください。

 「生誕130年 川瀬巴水展—郷愁の日本風景」出品リストはこちら。(PDF396KB)

 主  催 千葉市美術館、NHKサービスセンター
 特別協力 渡邉木版美術画舗
 協  力 ギャラリーヌーベル





《房州鴨川》
木版、紙 昭和9年 渡邊木版美術画舗蔵




《雪の増上寺》
木版、紙 大正11年 渡邊木版美術画舗蔵



《新大橋/東京十二景》
木版、紙 大正15年 渡邊木版美術画舗蔵




《上州法師温泉》
木版、紙 昭和8年 渡邊木版美術画舗蔵




《暮れ行く古川堤》木版、紙 大正8年 渡邊木版美術画舗蔵

ご案内
観覧料

一般   1000円(800円)
大学生   700円(560円)
小・中学生、高校生無料

※( )内は前売券、団体20名様以上、および市内在住65歳以上の料金
※障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名は無料
※前売券はミュージアムショップ(11月17日まで)、ローソンチケット(Lコード:36144)、セブンイレブン(セブンコード:026-108)、千葉都市モノレール「千葉みなと駅」「千葉駅」「都賀駅」「千城台駅」の窓口(1月19日まで)にて販売。
☆きもの割引 1月4日(土)〜19日(日)にきものを着てご来館の方は観覧料2割引+粗品贈呈

開館時間 日〜木曜日 10:00〜18:00
金・土曜日 10:00〜20:00
※入場受付は閉館の30分前まで
休館日

12月2日(月)、12月16日(月)、12月29日(日)〜1月3日(金)、1月6日(月)

関 連

■記念講演会
「渡邊版画店と川瀬巴水」
(事前申込制)
【講師】渡邊章一郎(渡邉木版美術画舗社長)
11月30日(土)14:00より(13:30開場予定)/11階講堂にて/聴講無料/定員150名

■記念トークショー
「父・巴水を語る」(事前申込制)

【講師】川瀬文子(川瀬巴水長女)、鈴木昇(ギャラリーヌーベル代表)
1月11日(土)14:00より(13:30開場予定)/11階講堂にて/聴講無料/定員150名

【申込方法】往復はがきまたはEメールにて、郵便番号、住所、電話番号、氏名、参加希望のイベント名、参加人数(2名までお申込可)を明記の上、下記までお申し込みください。
〒260-8733 千葉市中央区中央3-10-8 千葉市美術館 企画係
または
hasui.event@ccma-net.jp(件名を「巴水講演会参加希望」または「巴水トークショー参加希望」として、ご希望のイベントごとにお申し込みください。)

※申込締切 「渡邊版画店と川瀬巴水」は11月20日(水)、「父・巴水を語る」は12月20日(金)必着

※1通で複数のイベントにはお申込みいただけません。応募多数の場合は抽選となります。
※はがき、メールともに申込締切日の2〜3日後に当落結果や参加方法をお知らせいたします。お知らせが届かない場合は、お手数ですがご連絡ください。
※携帯電話からお申込みされる場合は、ccma.event@ccma-net.jpからのメールを受信できるように設定してください。


■版画の摺り実演
「川瀬巴水《荒川の月(赤羽)》を摺る」

12月22日(日)14:00〜16:00/11階講堂にて/観覧無料 
【講師】渡辺英次(渡邊木版美術画舗摺師)
【解説】渡邊章一郎(渡邊木版美術画舗社長)
※時間内の会場の出入りは自由です(混雑状況によって入場を制限する場合がございます)

■新春の獅子舞
1月4日(土)の開館時には、会場入口で獅子舞(出演:登渡神社登戸神楽囃子連)がお迎えします。

■市民美術講座
「川瀬巴水の写生帖から」

12月7日(土)14:00(13:30開場)より
「新版画の精華—渡邊庄三郎の仕事」
1月13日(月・祝)14:00(13:30開場)より
いずれも、11階講堂にて聴講無料/先着150名 
【講師】西山純子(当館学芸員)

ギャラリートーク

担当学芸員による ―11月27日(水) 14:00より
ボランティアスタッフによる ― 会期中毎週水曜日(11月27日を除く)14:00より
※水曜日以外の平日の14:00にも開催することがあります。
※会場の混雑状況により中止となる場合がございます。

 

point 展覧会カタログ

同時開催

point 渡邊版—新版画の精華


  ページトップへ