千葉市美術館
サイトマップホーム

展覧会情報
開催中の展覧会
スケジュール
市民ギャラリー
過去の展覧会
2015年度-
2011-2014年度
2007-2010年度

2003-2006年度

1995-2002年度
所蔵作品
イベント
教育普及
ご利用案内
施設案内
出版物
その他



開館20周年記念
唐画もん—武禅にろう苑、若冲も


会期 2015年9月8日(火)〜 10月18日(日)
※本展は終了いたしました。



 

 

大坂画壇が生んだ二人の異才—

 江戸時代中期の大坂では、優れた手腕を持つ個性的な作風の絵師たちが活躍していました。近年、同時代の京都画壇が脚光を浴びる一方で、大坂の絵師たちの豊かな営みにも徐々に注目が集まっています。
 本展は、知られざる大坂の絵師、武禅と?苑に光を当てた初めての展覧会です。今でこそ、知る人ぞ知る存在となってしまいましたが、彼らは流行の中国絵画を学んだ「唐画師(からえし)」として独自の表現を追求し、おおいに人気がありました。
 墨江武禅(すみのえぶぜん)(1734〜1806)は船頭でしたが、絵師としても活躍し、盆景や金工作品も手がけました。彼は大坂の浮世絵師月岡雪鼎(つきおかせってい)に学ぶ一方で、中国絵画に関心を寄せ、光を意識した幻想的な作品やオランダ絵画の写しなど、一風変わった作品を描いています。
 林ろう苑(はやしろうえん)(生没年不詳、1770〜80年頃活動)は、文人画の大成者たる池大雅(いけのたいが)の弟子福原五岳(ふくはらごがく)に絵を学び、多くの中国絵画を見て創作に役立てました。華麗な花鳥図、荒々しく奇怪な表現の水墨画、風刺のきいた風俗図など実に多様な作品を残しています。
 二人の画業をたどるとともに、師である雪鼎や五岳、さらに同時代の大坂や京都で活躍した伊藤若冲や曾我蕭白、松本奉時(まつもとほうじ)や耳鳥斎(にちょうさい)らの作品もあわせ、約150点の作品をご紹介します。
※会期中展示替えを行います。
※本展チラシでは墨江武禅の没年が1807年となっておりますが、正しくは1806年となります。

 「唐画もん - 武禅にろう苑、若冲も」出品リストはこちら(PDF:358KB)

 主  催 千葉市美術館、産経新聞社





墨江武禅《青緑山水渓流游回図》個人蔵




 林ろう苑《得双寿図》個人蔵




 墨江武禅《美人図》個人蔵




 林ろう苑《白孔雀図》大坂歴史博物館











墨江武禅《花鳥図》個人蔵




 林ろう苑《鹿図》大坂歴史博物館蔵



伊藤若冲《旭日松鶴図》摘水軒記念文化振興財団蔵
(後期展示)




伊藤若冲《鵞鳥図》個人蔵

ご案内
観覧料

一般   1,000円(800円)
大学生  700円(500円)
小・中学生、高校生無料

※( )内は前売券、団体20名以上の料金、および市内在住65歳以上の方の料金
※障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名は無料
※前売券はミュージアムショップ(8月30日まで)、ローソンチケット[Lコード:35233]、セブンイレブン[セブンチケット]および、
千葉都市モノレール「千葉みなと駅」「千葉駅」「都賀駅」「千城台駅」の窓口(10月18日まで)にて販売
【ごひいき割引】本展チケット(有料)半券のご提示で、会期中2回目以降の観覧料200円引き
※10月18日(日)は「市民の日」につき観覧無料

開館時間 日〜木曜日 10:00〜18:00
金・土曜日 10:00〜20:00
※入場受付は閉館の30分前まで
休館日

9月28日(月)10月5日(月)

関 連

■講演会
「近世大坂の絵画と唐画もん」

【講師】岩佐伸一(大阪歴史博物館学芸員)
9月27日(日)14:00より(13:30開場予定)/11階講堂にて/聴講無料/先着150名(当日12:00より11階にて整理券配布)

■落語会
「上方落語で大坂気分!!」

武禅・ろう苑が活躍した大坂にちなんだ催しです。30分程度の演目を2題上演予定。
【出演】鈴々舎八ゑ馬(落語家)
10月10日(土)14:00より(13:30開場予定)/11階講堂にて/聴講無料/先着150名(当日12:00より11階にて整理券配布)

■ワークショップ
「水墨画に挑戦!」
(要申込)締切:9月14日(月)必着
若冲が用いた水墨画の技法、筋目書きを体験します。
【講師】住吉花間(水墨画家)
9月23日(水・祝)14:00より/11階講堂にて/定員20名/対象中学生以上

【当日お持ちいただくもの】
・手を拭くための汚れてもよい布巾
・エプロン(もしくは汚れても良い格好で)
・文鎮(※)
・書道用の下敷き(※)
※文鎮と下敷きは、ご自宅にあればお持ちください。お持ちでない方には、代わりになるものを美術館でご用意いたします。

【申込方法】往復はがき郵便番号、住所、電話番号、氏名、参加人数(2名までお申込可)、「水墨画体験ワークショップ参加希望」を明記の上、9月14日必着で下記までお申し込みください。
〒260-8733 千葉市中央区中央3-10-8 千葉市美術館 イベント係

※応募多数の場合は抽選となります。
※申込締切日の2〜3日後に当落結果や参加方法をお知らせいたします。お知らせが届かない場合は、お手数ですがご連絡ください。


■市民美術講座
「はじめまして!大坂画壇」

【講師】松岡まり江(当館学芸員)
10月3日(土)14:00より(13:30開場)
11階講堂にて/聴講無料/先着150名 

ギャラリートーク

担当学芸員による ―9月9日(水) 14:00より
ボランティアスタッフによる ― 会期中毎週水曜日(9月9日を除く)14:00より
※水曜日以外の平日の14:00にも開催することがあります。
※会場の混雑状況により中止となる場合がございます。

 

point 展覧会カタログ

同時開催

point 田中一村と東山魁夷—千葉ゆかりの画家たち、それぞれの道—


  ページトップへ