千葉市美術館
サイトマップホーム

展覧会情報
開催中の展覧会
スケジュール
市民ギャラリー
過去の展覧会
2015年度-
2011-2014年度
2007-2010年度

2003-2006年度

1995-2002年度
所蔵作品
イベント
教育普及
ご利用案内
施設案内
出版物
その他



開館20周年記念展
杉本博司
趣味と芸術-味占郷/今昔三部作


会期 2015年10月28日(水)〜12月23日(水・祝)
※本展は終了いたしました。








  1996年1月、千葉市美術館は開館記念展の第2弾として「Tranquility−静謐」展を開催しました。同展の招待作家のひとり杉本博司は、そのとき《海景》シリーズ18点を展示し、展覧会終了後それらは当館のコレクションに収蔵されました。千葉市美術館では、本年11月に開館20周年を迎えるにあたり、再び杉本を招待し、個展を開催いたします。
 千葉市美術館は、現代美術と日本の近世絵画・版画を活動の柱とするユニークな美術館です。一方で古美術商の経験を持つ杉本博司も、日本美術に大変造詣が深く、三十三間堂の千体仏を写した《仏の海》(1995)や《松林図》(2001)など、日本の伝統美を自身の写真作品に取り入れてきました。また2003年より世界各地を巡回した展覧会「歴史の歴史」では、自らコレクションした古美術品を自作と組み合わせたインスタレーションも試みています。現代美術の世界で古きものに新たな生命を注ぎ続ける杉本は、まさに当館の20周年記念展にふさわしい作家と言えます。
 
  「趣味と芸術」では、平安から江戸時代の古物を中心に、西洋伝来の品々、昭和の珍品をも含む杉本コレクションを使い、作家自ら27の床のしつらえをつくりあげます。これらは『婦人画報』で連載中の「謎の割烹 味占郷」のなかで、杉本が各界の著名人をもてなすために、毎回そのゲストにふさわしい掛軸と置物を選んで構成した床飾りを再現したものです。同時代の美術品を組み合わせたしつらえもあれば、17世紀の西洋版画を自ら軸装した《レンブラント天使来迎図》のかたわらに江戸時代初期の《織部燭台》を配したり、昭和の建築家白井晟一の書の脇に奈良時代の《百万塔》を置くといった、見るものの意表を突くような斬新なしつらえもあります。杉本は、「趣味」として蒐集した古今の名品・珍品を組み合わせることで、新たな「芸術」を生み出そうとしているのです。
 
  「今昔三部作」では、杉本の代表作というべき3つの写真シリーズ、《ジオラマ》(1975- )、《劇場》(1975- )、《海景》(1980- )を、ニューヨークの杉本スタジオからお借りした16点の大判プリントにより展観します。80年代から90年代初頭にかけて、杉本はこの三部作により世界的な名声を得ました。新たな写真シリーズを次々と発表していった90年代中頃以降も、三部作の制作は続けられてきました。今回の展示では、各シリーズとも初期作から最新作までを含むため、杉本自身により「今昔三部作」と題されています。幅4mを超えるジオラマシリーズの最新作《オリンピック雨林》(2012)や、縦版型による劇場シリーズの最新作《テアトロ・デイ・ロッツィ、シエナ》(2014)も日本初公開されます。
  「趣味と芸術」で現代美術の枠を超えて活動を続ける現在の杉本をお見せし、「今昔三部作」では20年前開館記念展「Tranquility」に参加したころの杉本をお見せすることで、この作家の魅力と奥行きを充分に味わっていただけると思います。

point  コラム 「杉本博司と床のしつらえ」(PDF:76KB)

point
 「杉本博司 趣味と芸術–味占郷/今昔三部作」出品リストはこちら(PDF:760KB)

 主  催 千葉市美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会
 特別協賛 ドン ペリニヨン、アマナサルト
 協賛 ライオン、清水建設、大日本印刷、損保ジャパン興亜
 協  力 公益財団法人小田原文化財団、ロンドンギャラリー、ギャラリー小柳





「月下紅白梅図」2014年 杉本博司
撮影:杉本博司







「阿古陀形兜」南北朝時代、「夏草」 2015年 須田悦弘
撮影:杉本博司 










「ハイエナ・ジャッカル・ハゲタカ」1976年
(c)Hiroshi Sugimoto / Courtesy of Gallery Koyanagi




軸「梅花の偈」一休宗純、雨樋銅花入 「銘咲甫太夫」
撮影:森山雅智 (c)Hearst Fujingaho 




「テアトロ・デイ・ロッツィ、シエナ」2014年
(c)Hiroshi Sugimoto / Courtesy of Gallery Koyanagi



軸 堀口捨己、キリスト胸像 14世紀 イタリア トスカーナ地方
撮影:森山雅智 (c)Hearst Fujingaho







「カリブ海、ジャマイカ」1980年
(c)Hiroshi Sugimoto / Courtesy of Gallery Koyanagi




「オリンピック雨林」2012年
(c)Hiroshi Sugimoto / Courtesy of Gallery Koyanagi

ご案内
観覧料

一般   1,200円(1,000円)
大学生  700円(500円)
小・中学生、高校生無料

※( )内は前売券、団体20名以上の料金
※市内在住65歳以上の方は一般料金より2割引
※障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名は無料
※前売券はミュージアムショップ(10月18日まで)、ローソンチケット[Lコード:38654]、セブンイレブン[セブンチケット]および、
千葉都市モノレール「千葉みなと駅」「千葉駅」「都賀駅」「千城台駅」の窓口(12月23日まで)にて販売
※11月3日(火・祝)は「開館20周年記念日」につき観覧無料。

開館時間 日〜木曜日 10:00〜18:00
金・土曜日 10:00〜20:00
※入場受付は閉館の30分前まで
休館日

11月2日(月)、12月7日(月)

関 連

■開館20周年記念講演会「 時候を測る−江之浦測候所建設計画近況報告」(事前申込制)
【講師】杉本博司
10月31日(土)14:00より(13:30開場予定)/11階講堂にて/聴講無料/定員150名
神奈川県小田原にて、2017年のオープンに向け準備がすすめられている「小田原文化財団 江の浦測候所」。文化芸術の発信地として設立されるこの異色の施設について、設立者である杉本博司自ら解説する。

対談 杉本博司×千宗屋「趣味と芸術」(事前申込制)
【出演】杉本博司、千宗屋   【進行】河合正朝(当館館長)
11月7日(土)14:00より(13:30開場予定)/11階講堂にて/聴講無料/定員150名
杉本博司と武者小路千家15代家元後嗣が、本展覧会のテーマである「趣味と芸術」について語り合う。

■ワークショップ
「サイアノタイプ体験 ものの影を撮る」
(事前申込制)
【講師】倉谷拓朴(写真家)
11月29日(日)/10:00より/11階展示室にて/参加無料/定員20名/
参加費500円/対象 小学4年生以上
感光紙を手作りして、フォトグラムの技法でものの影を写し撮ります。
※詳細はこちら


【申込方法】
注意事項を必ずご確認の上、以下の方法でお申し込みください。

・往復はがきの場合
郵便番号、住所、電話番号、氏名、参加希望のイベント名、参加人数(2名までお申込可)、参加者の年齢(ワークショップのみ)を明記の上、下記までお申し込みください。
〒260-8733 千葉市中央区中央3-10-8 千葉市美術館 イベント係

・WEB申し込みの場合
講演会、対談申し込みはこちらから
ワークショップ申し込みはこちらから
※迷惑メールなどの受信を制限する設定をされている方は、ご応募の前に @ccma-net.jp ドメインのメールを受信できるよう、ご設定ください。

【注意事項】
※申込締切:講演会10月21日(水)必着、対談10月28日(木)必着、ワークショップ11月18日(水)必着
※往復はがき1通で複数のイベントにはお申込みいただけません。お申込みはイベントごとに1人1通まで、応募多数の場合は抽選となります。
※往復はがきでお申し込みの方は、申込締切日の2〜3日後に当落結果や参加方法をお知らせいたしますので、お知らせが届かない場合は、お手数ですがご連絡ください。
※メールフォームからお申し込みの方には、お申込後すぐに受理メールが送られます。抽選結果につきましては、申込締切日の2〜3日後に当選者の方にのみお知らせいたしますので、予めご了承ください。
申込受理メールがすぐに届かない場合、迷惑メールのフォルダに振り分けられている場合がございますので、ご確認ください。その上で届いていない場合は、お手数ですがご連絡ください。


■映画上映会
「SUGIMOTO」

2008年から5年間、杉本博司の活動を追いかけた記録映画。インタビューを軸に、渡米から今日に至る経緯や、制作へのこだわりを紹介。またアメリカ自然史博物館で撮影する杉本に同行し、現像、プリントの一連の工程を初めて動画に収録。
【監督】岸本康(2013年作品、66分)
11月22日(日)/14:00より(13:30開場予定)/11階講堂にて/観覧無料/先着150名(当日12:00より11階にて整理券配布)

■市民美術講座
「杉本博司と古美術」

【講師】河合正朝(当館館長)
12月5日(土)14:00より(13:30開場)
11階講堂にて/聴講無料/先着150名 

「ジオラマ、劇場、海景−杉本博司の初期三部作」

【講師】水沼啓和(当館学芸員)
12月19日(土)14:00より(13:30開場)
11階講堂にて/聴講無料/先着150名

ギャラリートーク

担当学芸員による ―10月28日(水) 14:00より
ボランティアスタッフによる ― 会期中毎週水曜日(10月28日を除く)14:00より
※水曜日以外の平日の14:00にも開催することがあります。
※会場の混雑状況により中止となる場合がございます。

会場内での撮影
について

本展では写真撮影が可能です。撮影に際しては、以下の点をお守りください。

・フラッシュ、三脚は使用できません。

・動画の撮影はできません。ケース等に触れないようご注意ください。

・長時間作品の前を占有や撮影音など、他の来館者の鑑賞を妨げないようご配慮ください。
(2015.11.11)

 

point 展覧会カタログ


  ページトップへ