千葉市美術館
サイトマップホーム

展覧会情報
開催中の展覧会
スケジュール
市民ギャラリー
過去の展覧会
2015年度-
2011-2014年度
2007-2010年度

2003-2006年度

1995-2002年度
所蔵作品
イベント
教育普及
ご利用案内
施設案内
出版物
その他






会期 2018年7月14日(土)〜 9月9日(日)



  

生涯、版画三昧!102歳まで生きた木版画のレジェンド待望の回顧展

 平塚運一(明治28 -平成9年/1895-1997)は、島根県松江市の宮大工の家に生まれました。
木材と彫刀に囲まれた環境で幼い頃から木版画に親しみ、大正2年(1913)の夏、松江で開催された洋画講習会で講師の石井柏亭と出会い、画家への憧れを募らせます。同4年に上京、柏亭から彫師伊上凡骨を紹介されて半年のあいだ内弟子となり、伝統的な彫版を身につけました。同じ頃に初期仏教版画を発見し、その素朴さや力強さに影響されながら自身のスタイルを築き、以後国画会と日本版画協会を主な舞台に活躍します。
自画・自刻・自摺を旨とする創作版画家たちのなかでも、ひときわ高く自在な技術から「木版画の神様」と称され、またよき指導者としても知られ、技法書や版画講習会を通じて彫り、摺ることの喜びを伝えて棟方志功ら多くの後進を育てたのです。

 その造形は、初期の温雅な多色摺から、昭和初年に始まる豪快な黒白の構成へと展開しました。戦後の昭和37年(1962)には67歳にしてアメリカに渡り、同地の風物を題材に新たな作風を開拓、さらに1970年代には裸婦を主題にみずみずしい一群を残しています。102歳で稀有な版画人としての生涯を閉じるまで、版業は実に80年に及びました。

 本展は、寄託品に所蔵品をあわせた木版画約300点から平塚運一の仕事を回顧します。古代と現代を、そして東洋と西洋を架橋したといわれる強靭かつ華麗な作品世界を、どうぞ心ゆくまでご堪能ください。

※本展は千葉市美術館単独開催となります。

point 「木版画の神様 平塚運一展」出品リストはこちら(PDF:263KB)

 主  催 千葉市美術館





《東京震災跡風景 浅草》
  大正12年(1923) 千葉市美術館蔵










《机上小禽》
  昭和3年(1928) 千葉市美術館寄託







《慶州瞻星臺》
昭和15年(1940)千葉市美術館寄託




《文楽人形八百屋お七》
  昭和27年(1952) 千葉市美術館寄託




《雲崗瑞雲、蒙疆》 昭和32年(1957)千葉市美術館寄託









  《奈良十景 依水園の庭》
昭和35年(1960)千葉市美術館寄託




《奈良十景 東大寺転害門》
  昭和35年(1960) 千葉市美術館寄託




《ロスアンゼルスの町はずれ》
  昭和37年(1962) 千葉市美術館寄託




《鏡No.T 波斯更紗》
  昭和45年(1970) 千葉市美術館寄託

ご案内
観覧料

一般   1,200円(960円)
大学生  700円(560円)
小・中学生、高校生無料

※( )内は前売券、団体20名以上、千葉市内在住65歳以上の方の料金
※障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名は無料
※前売券はミュージアムショップ(7月8日まで)、ローソンチケット(Lコード:33971)、セブンイレブン[セブンチケット]および、千葉都市モノレール「千葉みなと駅」「千葉駅」「都賀駅」「千城台駅」の窓口にて7月13日まで販売(7月14日以降は当日券販売)

開館時間 日〜木曜日 10:00〜18:00
金・土曜日 10:00〜20:00
※入場受付は閉館の30分前まで
休館日

8月6日(月)、9月3日(月)

関 連

■スペシャル講座(事前申込制※申込締切 8月15日(水)必着
「小さな木版画−木口木版画の魅力」

【講師】長島充(画家・版画家/日本版画協会会員)
8月26日(日)14:00より2時間程度/11階講堂にて/参加無料
定員40名/対象:小学校高学年以上

【申込方法】
注意事項を必ずご確認の上、以下の方法でお申し込みください。

・往復はがきの場合
参加希望のイベント名、郵便番号、住所、電話番号(当日連絡可能なもの)、参加人数(2名まで)、氏名と年齢(参加者全員分)を明記の上、下記までお申し込みください。
〒260-8733 千葉市中央区中央3-10-8 千葉市美術館 イベント係

【往復はがき申し込み注意事項】
※お申込みは1つのイベントにつき1通、申込多数の場合は抽選。
※往復はがきでお申し込みの方は、申込締切日の2〜3日後に当落結果や参加方法をお知らせいたしますので、お知らせが届かない場合は、お手数ですがご連絡ください。


・WEB申し込みの場合
スペシャル講座のお申し込みはこちらから
※迷惑メールなどの受信を制限する設定をされている方は、ご応募の前に @ccma-net.jp ドメインのメールを受信できるよう、ご設定ください。

【WEB申し込み注意事項】
※メールフォームからお申し込みの方には、お申込後すぐに受理メールが送られます。抽選結果につきましては、申込締切日の2〜3日後に当選者の方にのみお知らせいたしますので、予めご了承ください。
申込受理メールがすぐに届かない場合、迷惑メールのフォルダに振り分けられている場合がございますので、ご確認ください。その上で届いていない場合は、お手数ですがご連絡ください。
※申込多数の場合は抽選。

■美術館ボランティアによる立ち寄りワークショップ
7月28日(土)10:30-12:00・13:30-15:00/7階ロビーにて/参加無料
先着80名

■わくわく親子デー
7月30日(月)10:00-18:00
ベビーカー、小さなお子さま連れの観覧がもっと楽しくなるしかけをご用意してお待ちしています。作品をめぐる楽しいおしゃべりも歓迎!親子に限らず、どなたでもご参加いただけます。詳しいプログラムはこちらから。

■市民美術講座
「木版画の神様:平塚運一の人と作品」

【講師】西山純子(当館上席学芸員)
8月4日(土)14:00より(13:30開場予定)/11階講堂にて/聴講無料
先着150名 

「平塚先生こんにちは:平塚運一とその弟子たち」
【講師】西山純子(当館上席学芸員)
9月8日(土)14:00より(13:30開場予定)/11階講堂にて/聴講無料
先着150名 

■ギャラリートーク

担当学芸員による ―7月18日(水) 14:00より
ボランティアスタッフによる ― 会期中毎週水曜日(7月18日を除く)14:00より
※水曜日以外の平日の14:00にも開催することがあります。
※会場の混雑状況により中止となる場合がございます。


【夏休みスペシャルプログラム】
■山の日ワークショップ(事前申込制※申込締切 8月1日(水)必着
「行った山/行きたい山/空想の山」
【講師】山下麻衣+小林直人(現代美術家)
8月11日(土)13:30より/9階講座室にて/定員20名/対象:小学生以上
参加費:1000円

【申込方法】
注意事項を必ずご確認の上、以下の方法でお申し込みください。

・往復はがきの場合
参加希望のイベント名、郵便番号、住所、電話番号(当日連絡可能なもの)、参加人数(2名まで)、氏名と年齢(参加者全員分)を明記の上、下記までお申し込みください。
〒260-8733 千葉市中央区中央3-10-8 千葉市美術館 ワークショップ係

【往復はがき申し込み注意事項】
※お申込みは1つのイベントにつき1通、申込多数の場合は抽選。
※往復はがきでお申し込みの方は、申込締切日の2〜3日後に当落結果や参加方法をお知らせいたしますので、お知らせが届かない場合は、お手数ですがご連絡ください。


・WEB申し込みの場合
ワークショップのお申し込みはこちらから
※迷惑メールなどの受信を制限する設定をされている方は、ご応募の前に @ccma-net.jp ドメインのメールを受信できるよう、ご設定ください。

【WEB申し込み注意事項】
※メールフォームからお申し込みの方には、お申込後すぐに受理メールが送られます。抽選結果につきましては、申込締切日の2〜3日後に当選者の方にのみお知らせいたしますので、予めご了承ください。
申込受理メールがすぐに届かない場合、迷惑メールのフォルダに振り分けられている場合がございますので、ご確認ください。その上で届いていない場合は、お手数ですがご連絡ください。
※申込多数の場合は抽選。


■美術館で縁日気分!!
毎年恒例!「千葉の親子三代夏祭り」にあわせて、花輪茶之介さんによる飴細工の実演ほか、様々なお楽しみブースをご用意します。大人も子どもも縁日気分をお楽しみください。
8月19日(日)/13:00〜17:00/1階さや堂ホールにて

■中学生のためのギャラリークルーズ'18
8月23日(木)、24日(金)/10:00〜15:00随時受付(所要時間30分程度)
子どもだけでの来館と鑑賞を美術館ボランティアスタッフがサポートします。一人でもグループでも参加可。夏休みの宿題(展覧会鑑賞)にも対応できます。
参加希望の方は8階展示室へお越しください。

 

point 展覧会カタログ

同時開催

point 旅−ちょっとそこまで、遠くまで


  ページトップへ