千葉市美術館
サイトマップホーム

展覧会情報
開催中の展覧会
スケジュール
市民ギャラリー
過去の展覧会
2015年度-
2011-2014年度
2007-2010年度

2003-2006年度

1995-2002年度
所蔵作品
イベント
教育普及
ご利用案内
施設案内
出版物
その他



オーバリン大学 アレン・メモリアル美術館所蔵
メアリー・エインズワース浮世絵コレクション
−初期浮世絵から北斎・広重まで
Ukiyo-e Prints from the Mary Ainsworth Collection,
Allen Memorial Art Museum, Oberlin College


会期 2019年4月13日(土)〜5月26日(日)






アメリカ・オハイオ州オーバリン大学のアレン・メモリアル美術館には、アメリカ人女性メアリー・エインズワース(1867-1950)が、この母校に寄贈した1500点以上の浮世絵版画が所蔵されています。明治39年(1906)、エインズワースの来日を契機に始まったこのコレクションでは、珍しい初期の作品から、鳥居清長(1752-1815)や喜多川歌麿(?-1806)など錦絵が興隆をみた黄金期の作品、葛飾北斎(1760-1849)、歌川広重(1797-1858)の活躍による幕末の風景画に至るまで、浮世絵の歴史をほぼ網羅することができます。
よく知られた人気のある作品ばかりでなく、希少な作品も多く、また保存状態も良好で、浮世絵版画の魅力を余す所なく伝える美しいコレクションですが、これまでアメリカにおいてさえ大規模な展覧会は行われたことがありませんでした。
本展覧会は、現地調査を踏まえ、メアリー・エインズワース浮世絵コレクションから珠玉の200点を選りすぐり紹介する、初めての里帰り展です。美しい浮世絵で満たされたエインズワースの玉手箱を初めて開くこの展覧会を、是非ご堪能ください。

point 「オーバリン大学アレン・メモリアル美術館所蔵 メアリー・エインズワース浮世コレクション」出品リストはこちら(467KB)

point 鑑賞ツール「なりきりメアリー○○コレクションをつくろう!」 (493kb)

主  催:千葉市美術館、日本経済新聞社
協力:日本航空、高久国際奨学財団
企画協力:マンゴスティン

作品保護のため、展示室の温湿度を調整しております。ご鑑賞時に寒く感じられることがございますので、上着などをお持ちください。

 
 第1章 浮世絵の黎明 墨摺絵からの展開

延宝8年(1680)頃、「浮世絵師」や「浮世絵」という言葉が現れ、一枚摺(いちまいずり)の墨摺絵(すみずりえ)が多く普及し始めます。まもなく色彩が求められるようになりますが、それから60-70年ほどの間は、1枚1枚筆で彩色を行っていました。 この章では、現存数が少なく、大変貴重な初期浮世絵版画を展示します。


奥村政信 《羽根突きをする美人》
大々判墨摺絵 宝永-正徳期(1704-16)


石川豊信《 傘と提灯を持つ佐野川市松》
幅広柱絵判紅絵 寛延期(1748-51)

 

 

 

 第2章 色彩を求めて 紅摺絵から錦絵の時代へ

寛保・延享期(1741-48)になると、版による彩色が始まり、墨の輪郭線に、紅と緑を中心に2,3 色を摺る素朴な紅摺絵(べにずりえ)が登場します。やがて明和期(1764-72)には、趣味人たちの摺すりもの物制作がきっ かけとなって、より高度な多色摺(たしょくずり)木版画技法、すなわち錦絵が誕生します。
2章では、紅摺絵の名品と錦絵創始期の第一人者鈴木春信(1725?-70)の作品を中心に紹介します。


石川豊信 《佐野川市松と瀬川菊之丞の相合傘》
大判紅摺絵 宝暦期(1751-64)




鈴木春信 《縁先美人(見立無間の鐘)》
中判錦絵 明和4年(1767)頃

 

 

 

 第3章 錦絵の興隆 黄金期の華 清長から歌麿へ

錦絵出版界が活発化する中で、天明期(1781-89)には、長身の伸びやかな美人を描いてスター絵師となったのが、鳥居清長(とりいきよなが1752-1815)です。さらに次世代の喜多川歌麿(きたがわうたまろ?-1806)や東洲斎写楽(とうしゅうさいしゃらく1763?-1820?)の大首絵も出版されました。
錦絵が華やかに展開し、多くのスター絵師が輩出した黄金期の作品をご堪能ください。


喜多川歌麿《婦人相学十躰 面白キ相》
 大判錦絵 寛政4-5年(1792-93)頃


東洲斎写楽《 二代目小佐川常世の一平姉おさん》
大判錦絵 寛政6年(1794)


歌川国政《 岩井粂三郎の禿たより》
 大判錦絵 寛政8年(1796)


 

 

 

 第4章 風景画時代の到来 北斎と国芳

天保(1830-44)初期には、葛飾北斎(かつしかほくさい 1760-1849)の「冨嶽三十六景」(ふがくさんじゅうろっけい)シリーズの出版により、浮世絵における風景画が確固たる存在感を示します。
一方で、近年人気の高まる、歌川国芳(うたがわくによし 1797-1861)も同じ時期に独創的な風景画を出したことで注目されます。
4章では、北斎と国芳という2人の天才絵師による個性的な風景画を中心に、浮世絵における風景画確立時のインパクトを追体験します。



葛飾北斎《 冨嶽三十六景 凱風快晴》  大判錦絵 天保2-4年(1831-33)頃


歌川国芳《 東都名所 するがだひ》 大判錦絵 天保3-4年(1832 -33)頃

 

 

 

 第5章 エインズワースの愛した広重

エインズワース浮世絵コレクションの過半を占めるのが、歌川広重(うたがわひろしげ 1797-1858)の作品です。天保5年(1834)頃に発表された出世作の『東海道五十三次之内』(とうかいどうごじゅうさんつぎのうち)(保永堂版)を代表格として、晩年、安政4-5年(1857-58)の『名所江戸百景』(めいしょえどひゃっけい)のシリーズに至るまで、広重の名品が網羅されています。
エインズワースが愛した広重風景版画のハイライトを厳選し、展示します。



歌川広重《 名所江戸百景 浅草田甫酉の町詣》
大判錦絵 安政4年(1857)11月



歌川広重《名所江戸百景 亀戸梅屋舗》
大判錦絵 安政4年(1857)




歌川広重《 名所江戸百景 両国花火》
大判錦絵 安政5年(1858)





ご案内
観覧料

一般   1,200円(960円) (税込)
大学生  700円(560円) (税込)
小・中学生、高校生無料
☆オープニング記念割引 4月13日(土)の初日は観覧料が半額になります。

※( )内は前売り、団体20名以上、市内在住65歳以上の方の料金
※前売券は千葉市美術館ミュージアムショップ(3月31日まで)、ローソンチケット(Lコード:33375)、セブンイレブン(セブンチケット)

開館時間 10:00〜18:00
金、土曜日は20:00まで
※入場受付は閉館の30分前まで
休館日

5月7日(火)

関 連

講演会
"Many Ways of Seeing: The Mary A. Ainworth Collection and Education at Oberlin College" 「多様な見方:メアリー・エインズワース・コレクションとオーバリン大学の教育」

【講師】Kevin Greenwood, Joan Danforth Curator of Asian Art
[ ケビン・グリーンウッド、オーバリン大学アレン・メモリアル美術館  ジョーン・ダンフォースアジア美術学芸員]
4月13日(土)14:00より(13:30開場予定)/11階講堂にて/聴講無料/
定員150名(当日12:00より11階にて整理券配布)

「メアリー・エインズワース浮世絵コレクションの北斎」
【講師】秋田達也(大阪市立美術館 主任学芸員)
5月18日(土)14:00より(13:30開場予定)/11階講堂にて/聴講無料/ 定員150名(当日12:00より11階にて整理券配布)


アート&クラフト市@さや堂ホール
5月5日(日) 13:00〜17:00
アクセサリー、陶器など千葉にゆかりのある作家のオリジナル小物・作品を集めたクラフト市です。ワークショップやフード&ドリンク・コーナーもお楽しみください。

 


アート&クラフト市@さや堂ホールでは、出店者を募集しています。出店希望の方は、下記募集要項をお読みの上、ご応募ください。

【募集要項】(PDF)  【応募用紙】(PDF)



市民美術講座
「コレクター達の横顔−《古今東西浮世絵数寄者総番付》から見える日本と欧米の浮世絵収集」

【講師】松岡まり江(当館学芸員)
4月27日(土)14:00より(13:30開場予定)/11階講堂にて/聴講無料/先着150名

「メアリー・エインズワース浮世絵コレクション  鑑賞のポイント」
【講師】田辺昌子(当館副館長兼学芸課長)
5月11日(土)14:00より(13:30開場予定)/11階講堂にて/聴講無料/先着150名


ワークショップ
「秘伝☆木版画の摺りで空気を表現しよう」(事前申込制)

【講師】宇田川新聞(木版画家)
5月19日(日)14:00〜16:00/11階講堂にて/参加費500円/定員20名/
対象:小学校高学年以上 ※詳細はこちらをご確認ください。

【申込方法】
注意事項を必ずご確認の上、以下の方法でお申し込みください。

・往復はがきの場合
参加希望のイベント名、郵便番号、住所、電話番号(当日連絡可能なもの)、参加人数(2名まで)、氏名と年齢(参加者全員分)を明記の上、下記までお申し込みください。
〒260-8733 千葉市中央区中央3-10-8 千葉市美術館 イベント係

【往復はがき申し込み注意事項】
※お申込みは1つのイベントにつき1通、申込多数の場合は抽選。
※往復はがきでお申し込みの方は、申込締切日の2〜3日後に当落結果や参加方法をお知らせいたしますので、お知らせが届かない場合は、お手数ですがご連絡ください。


・WEB申し込みの場合
お申し込みはこちらから
※迷惑メールなどの受信を制限する設定をされている方は、ご応募の前に @ccma-net.jp ドメインのメールを受信できるよう、ご設定ください。

【WEB申し込み注意事項】
※メールフォームからお申し込みの方には、お申込後すぐに受理メールが送られます。抽選結果につきましては、申込締切日の2〜3日後に当選者の方にのみお知らせいたしますので、予めご了承ください。
申込受理メールがすぐに届かない場合、迷惑メールのフォルダに振り分けられている場合がございますので、ご確認ください。その上で届いていない場合は、お手数ですがご連絡ください。
※申込多数の場合は抽選。


ギャラリートーク
担当学芸員による 
4月17日(水) 14:00より
ボランティアスタッフによる 会期中の毎週水曜日(4月17日を除く)14:00より
※水曜日以外の平日の14:00にも開催することがあります。
※混雑時には中止する場合があります。

  pointspace展覧会カタログ
同時開催

point 所蔵作品展 受託記念 ピーター・ドラッカー・コレクション水墨画名品展


  ページトップへ