千葉市美術館
サイトマップホーム

展覧会情報
開催中の展覧会
スケジュール
市民ギャラリー
過去の展覧会
2015年度-
2011-2014年度
2007-2010年度

2003-2006年度

1995-2002年度
所蔵作品
イベント
教育普及
ご利用案内
施設案内
出版物
その他




会期 2019年 9月7日(土)→ 10月20日(日)


近年新たに千葉市美術館のコレクションに加わった作品を紹介する新収蔵作品展を開催いたします。
 千葉市の美術品収集方針は「千葉市を中心とした房総ゆかりの作家・作品」、「日本文化の核を形成する近世以降の美術品」(近世から近代の日本絵画と版画)、「現代美術」の3点を大きな柱としています。1990年から本格的に収集が始められ、1997年の美術館開館後も、この当初の方針を守りながら現在まで、企画展や所蔵作品展に伴う調査研究と多くの面で連動しながら収集が進められてきました。
 昨2018年度には、まとまった数のコレクションを含む多くの作品をご寄贈いただきました。また、当館の活動方針に沿って自由に活用されるようにとの趣旨とともにご寄託をいただいた作品もあります。これからの千葉市美術館の活動をコレクションの面から豊かにする可能性が開かれました。本展では会場の都合からそれらの中から一部の作品を選んでいちはやくご披露いたします。多彩な成り立ちの寄贈・寄託作品による展覧会として「収集をめぐるいとなみ」に注目し、また同時に当館の収集についても知っていただく機会となるように企画いたしました。
 本展開催にあたり、作品収蔵にご協力を賜りました所蔵家の皆様をはじめ、日頃より当館の活動にお寄せ下さる温かいご理解とご支援のすべてに心より御礼申し上げます。

point 出品リスト(329KB)

 

曾我蕭白 《寿老人鶴鹿図》
千葉市美術館(谷信一コレクション)

 

 

富岡鉄斎 《葛仙移居図》
個人蔵(千葉市美術館寄託)
登録美術品

 

東山魁夷 《静晨》 千葉市美術館蔵(綿貫弘一氏寄贈)

 


ご案内
観覧料

一般   200円(160円) (税込)
大学生  150円(120円) (税込)
小・中学生、高校生、県内在住の65歳以上の方および障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名は無料
※( )内は団体30名以上の方の料金

☆同時開催「ミュシャと日本、日本とオルリク」をご観覧の方は入場無料

開館時間 10:00〜18:00
金、土曜日は20:00まで
※入場受付は閉館の30分前まで
休館日

9月30日(月)、10月7日(月)

関 連

市民美術講座
「収集をめぐるいとなみ 蕭白と一村、新たな寄贈コレクション」
 

【講師】松尾知子 (当館上席学芸員)
10月12日(土)14:00〜(13:30開場予定)/11階講堂にて/先着150名/聴講無料

同時開催 point ミュシャと日本、日本とオルリク

  ページトップへ