千葉市美術館
サイトマップホーム

展覧会情報
開催中の展覧会
スケジュール
市民ギャラリー
過去の展覧会
2015年度-
2011-2014年度
2007-2010年度

2003-2006年度

1995-2002年度
所蔵作品
イベント
教育普及
ご利用案内
施設案内
出版物
その他



さや堂ホール展示プロジェクト
ハナムラチカヒロ|地球の告白


会期 2018年11月1日(木)〜 11月11日(日)



 


千葉市美術館1階「さや堂ホール」にて、表現者・ハナムラチカヒロの個展を開催します。

1968年、アポロ8号が月の周回軌道から「地球の出」を撮影しました。人類が地球に外から初めてまなざしを向けた歴史的な瞬間です。その年から本年はちょうど50年を迎えます。

地球は回転しながら一定の周期で動き続け、その上で様々な出来事が日々起こります。私たちはその動きを直接見ることができませんが、様々に刻まれるリズムの中ですべての生命は共に生きています。

本展示ではフーコーの振り子の原理を用いて、地球の動きを感じながら、地球のリズムと私たちのリズムについて想いを馳せるような時間を生み出すことを試みます。

point チラシのダウンロードはこちらから

 主  催 千葉市美術館
 協  力 一般社団法人ブリコラージュ・ファウンデーション、大阪府立大学花村研究室、大阪府立大学生産技術センター、常翔学園高等学校、千葉大学文学部行動科学コース阿部研究室
 制作協力 ni:naruki 住友翔二郎
 技術協力 グローバルサイエンスユニオン合同会社 梶原勇希
 特別協力 サヘル・ローズ









ハナムラチカヒロ | Chikahiro Hanamura
1976年生まれ。ランドスケープデザインをベースに、風景へのまなざしを変える「トランスケープ/TranScape」という独自の理論や領域横断的な科学研究に基づいた表現活動を行う。大規模病院の入院患者に向けた霧とシャボン玉のインスタレーション、バングラデシュの貧困コミュニティのための彫刻堤防などの制作、モエレ沼公園での花火のプロデュース、世界各地の聖地のランドスケープのフィールドワーク、市街地の集団パフォーマンスなど領域横断的な表現を行うだけでなく、時々自身も俳優として映画や舞台に立つ。
「霧はれて光きたる春」で第1回日本空間デザイン大賞・日本経済新聞社賞受賞。主な著書に『まなざしのデザイン:〈世界の見方〉を変える方法」(2017年、NTT
出版)。

ご案内
観覧料

無料

開館時間 日〜木曜日 10:00〜18:00
金・土曜日 10:00〜20:00
※入場受付は閉館の30分前まで
休館日

11月5日(月)

関連イベント

■アーティストトーク「これからの地球のことを」
11月4日(日)16:00〜/11階講堂にて/先着150名/聴講無料
【第一部】レクチャー「まなざしのデザイン」講師:ハナムラチカヒロ(出品作家)

【第二部】トーク「これからの地球のことを」ゲスト:鎌田東二(宗教学者)
宗教学者の鎌田東二氏を迎えて、これからの地球のことをテーマに対話します。地球や宇宙のようなヒューマンサイズを上回る存在や、目に見えない現象に対する想像力を巡って芸術や科学や宗教などの領域を超えて話題を展開します。

■パフォーマンス「地球に捧げる回転」
11月11日(日)14:00〜/1階さや堂ホールにて/先着80名/観覧無料
【パフォーマー】Emine/ハナムラチカヒロ ほか
イスラムのスーフィズムに伝わる祈祷をベースにした旋回舞踏と、お寄せいただいた告白の一部を朗読します。


■展示参加プログラム「わたしたちの告白」


私たちは心の中に誰にも話したことがない秘密を持っています。
ずっと胸に抱えてきたこと、伝えられなかったメッセージ、どうしても許せなかったこと、忘れてしまいたいようなこと、誰かに知ってほしいこと...。
これまで告げられることなく胸の内に秘かに抱いていた想い。
そんな想いを地球に向かって“匿名”で告白しませんか?
ここにお寄せいただいた告白は、会場の一角の特別ブースに展示されます。

以下の設定をお読みの上で、下記専用フォームから告白文をお寄せください。


想像してみてください。
今あなたは大気圏の外に飛び出し、月の軌道上にいます。 一人で座っている宇宙船のコックピットの窓の外には地球の姿が見えます。 ここからは人間が作ったものは一切見えず、国境線もありません。 そしてあなたが知っている全ての人々、全ての生命はあの星の上です。 あなたがこれまで経験して来たことはすべてあそこで起こったことです。 これまであなたを喜ばせてきたもの。そしてあなたを苦しめてきたもの。 それらすべては向こう側にあり、今あなたはそこから離れたこちら側に一人でいます。

地球を離れたこちら側は地球でのあらゆる規則や法律は一切意味を持ちません。 今あなたは地球でのすべてルールから一切自由な身です。 あなたがあの星でこれまでどんなことをしてきたとしても、もはや関係ありません。 あなたが成しとげたこと、成しとげられなかったこと。 そうしたことをたたえる人も、とがめる人もだれもいません。 ここにはただ宇宙の法則がはたらいています。

窓の外にゆっくりと地球が動いていきます。 心の中はとても静かで穏やかです。 これまで生きてきた様々な記憶や想いが浮かび始めます。 あなたが過去にしてきたあやまち。あなたが秘かに抱いていた欲望。 どうしても許せなかったこと。傷つけられて苦しかったこと。 悲しすぎて忘れてしまいたいこと。 本当はあやまりたかったこと。 言葉にできなかったけど感謝していること。 たくさんの想いが心に浮かんできます。 あなたが地球に無事に帰れるかどうかは分かりません。 だからここに書き記したことがあなたが生きた最後の証になるかもしれません。 今から書くこのメッセージは誰かに読まれるものです。
でもあなたは自分の名前を書くことはやめることにしました。 そして誰かのことを書くとしても、それが誰かわからない形で記すことにしました。

あなたが今から書こうとするメッセージは誰かを傷つけるつもりではありません。
ただこれまでのことを振り返り、冷静に見つめます。 そして誰にも話していなかった自分の想いや秘密を一つだけ告白しようと決めました。



投稿はこちらから
※お名前、メールアドレスなどは必要ありません。

手紙でのご送付は、
〒260-8733 千葉市中央区中央3-10-8 千葉市美術館「告白係」
まで。

会 場

1階さや堂ホール


  ページトップへ