千葉市美術館
サイトマップホーム

展覧会情報
所蔵作品
イベント
教育普及
ご利用案内
施設案内
出版物
展覧会カタログ
展覧会カタログ一覧
オリジナルグッズ
美術館ニュース
ご注文方法
その他
出版物



ミュシャと日本、日本とオルリク

縦25×横19×厚3cm 重さ1060g
2019年9月5日
発行:国書刊行会

 

頁 数
図 版 価 格
358p 616点 2,500円

 

目次

 

 

「あいさつ」に代えて 〈チェコと日本〉の響き 
山野英嗣

4
As a Message of Welcome Czech Lands and Japan: Reverberations
Yamano Hidetsugu
6
 

 

めぐるジャポニスム
−展覧会「ミュシャと日本、日本とオルリク」への道案内として 
西山純子

8

 

 

図版

 
序章  ジャポニスム−光琳、 型紙、 そして浮世絵 13

Prologue  Japonisme in Czech Lands

14

 

 
第2章 ミュシャと日本 97
Chapter 2  Mucha and Japan 98
   
第3章 日本とオルリク 147
Chapter 3  Japan and Orlik 148
   
第4章 オルリク−日本の思い出/後継者たち 213
Chapter 4  Memories of Japan/ Orlik's Successors 214
   
ヴォイチェフ・プライシクと彼の日本美術に関する考察 ルツィエ• ヴルチコヴァ 280
   
ミュシャと日本をめぐる
一考察 『明星』周辺のアール・ヌーヴォー受容について
井上芳子
284
   
日本が見たエミール・オルリク
西山純子
289
   
プラハからダッハウヘ —エミール・オルリクとヴァルター・クレム、カール・ティーマン
青木加苗
296
   
エミール ・ オルリク
「日本の多色木版画についての覚書」1901年
300
   
作家解説・用語解説 303
   
作品リスト  List of Work 311


  ページトップへ