千葉市美術館 収蔵品検索システム

拡大
前の画像   次の画像
三代目大谷鬼次の江戸兵衛

東洲斎 写楽
トウシュウサイ シャラク
Tosyusai, Syaraku

三代目大谷鬼次の江戸兵衛

分 類:版画
制作年:寛政6年(1794)
技 法:大判錦絵
寸 法:35.4x24.0㎝

 東洲斎写楽のデビュー作にして代表作の28図のうちの1図。新人の絵師としては異例に豪華な、大判サイズの雲母摺という比較的上製の錦絵をほぼ同時に28図も手掛けているのは、名プロデューサー蔦屋重三郎の意欲的な試みか、あるいは写楽に出資しようという人物があってのことか、何か特殊な状況が想像されるだろう。いずれにせよ期待を受けての出版であったはずが、大田南畝が「これまた歌舞伎役者の似顔をうつせしが、あまりに真を画かんとしてあらぬさまにかきなせしかば、長く世に行われず、一両年にして止む」(『浮世絵類考』)と書き残しているように、個性的で誇張された表現は、役者ファンにとってありがたくない似顔となったようで、人々の購買欲を獲得することができぬまま、1年もしないうちに浮世絵出版界から姿を消す。
 寛政6年5月5日から江戸の河原崎座で上演された「恋女房染分手綱」に取材した作品。四条河原において、鷲塚八平次に頼まれ、市川男女蔵扮する奴一平を襲い、公金を奪う悪役である。同じシリーズに刀を抜かんとする一平の図もあり、この2図は連続して鑑賞するように制作されたと考えられる。個性の強い誇張された造形感覚でシリーズ中でも最も印象的な作品であるが、江戸では評価を得られなかった写楽が最初に賛美されたのは、19世紀後期のヨーロッパにおいてであった。