みんなでつくるスタジオ

泥から染めるべんがら泥染め

2021年6月22日[火]10:15 – 12:15

99%泥でできた天然染料を使う「べんがら泥染め」は、その自然な色味や風合いが大変魅力的です。今回は、布を蛇腹折にする「板締め絞り」という伝統技術を用いて手ぬぐいを染めていきます。熱を加える工程もなく、簡単な作業ばかりですので、どなたでも気軽にご体験いただけます。

講師

祈織-INORI- 小塩敦子

開催日

2021年6月22日[火] 10:15 – 12:15
※自然災害等やむを得ない理由で延期もしくは開催中止となることがあります。

会場


5階ワークショップルーム

主な対象(年齢)

大人(小学校高学年から作業可)

定員

10名
※定員を超えるお申し込みがあった場合は抽選。

参加費

2,000円(税・画材費込)

申し込み方法

必要事項をご記入の上、メールフォームよりお申し込みください。

【WEB申し込み注意事項】
※迷惑メールなどの受信を制限する設定をされている方は、ご応募の前に @ccma-net.jp ドメインのメールを受信できるよう、ご設定ください。
※メールフォームからお申し込みの方には、お申込後すぐに受理メールが送られます。申込受理メールがすぐに届かない場合、迷惑メールのフォルダに振り分けられている場合がございますので、ご確認ください。その上で届いていない場合は、お手数ですが美術館までお問い合わせください。
※定員を超えるお申し込みがあった場合、抽選となります。申し込み締め切り後3日以内に、当選された方にのみメールをお送りします。

参加申込受付期間

2021年6月12日[土]まで

千葉市美術館ワークショップパートナーについて→

プロフィール
祈織-INORI- 小塩敦子(染織家)

2016年よりマルシェやウエブなどで布小物の販売の傍ら、無農薬ネル草木染め布ナプキンの普及活動を開始。2017年べんがら泥染めコース修了後ワークショップを開催。2019年染織の学びに入る。和棉の綿花栽培、糸紡ぎ、織りを次世代へ繋げていくために活動。

講師HP
https://inorinote.jimdofree.com/

Search