つくりかけラボ関連イベント
大小島真木 コレスポンダンス 関連トークイベント「万物は語る」

No.6 「身体」

2022年12月23日[金] 14:00

©️Maki Ohkojima

コレスポンダンス・プロジェクトの一環として、6回に渡り会場に語り部をお招きし、「万物が語る」というコンセプトのトーク(パフォーマンス)を開催します。このトークにおける「ゲスト」は、あくまでも人間以外のさまざまな存在です。語り部の方々には、そうした「ゲスト」の代弁者として「ゲスト」になりきっていただき、その視線から、世界のこと、人間のこと、自分のことについて、講演を行なっていただきます。後半は語り部と大小島さんによる対談を行います。

開催日時

2022年12月23日[金] 14:00-(13:45開場予定)

15:30終了予定

語り部

北村明子(振付家・ダンサー)

参加方法

当日13:00より4階子どもアトリエ入口にて整理券配布
※12:50頃、整理券待機列をご案内します。
※当日の状況により配布時間が早まる場合があります。
※定員を超えた場合は室外よりご覧いただけます。

定員

15名程度

会場

4階 子どもアトリエ

参加費

無料

プロフィール
大小島真木(おおこじま まき)

現代美術家。1987年東京生まれ。異なるものたちの環世界、その「あいだ」に立ち、絡まり合う生と死の諸相を描くことを追求している。インド、ポーランド、中国、メキシコ、フランスなどで滞在制作。2014年にVOCA奨励賞を受賞。2017年にはアニエスベーが支援するTara Ocean 財団が率いる科学探査船タラ号太平洋プロジェクトに参加。2021年「ククノチテクテクマナツノボウケン」KAATで舞台美術を手がける。 主な参加展覧会に、「いのち耕す場所」(2019年、青森県立美術館)、「瀬戸内国際芸術祭-粟島」(2019年)、「Re construction 再構築」(2020年、練馬区立美術館)、「コロナ禍とアマビエ 」(2022年、角川武蔵野ミュージアム)、「地つづきの輪郭」(2022年、セゾン現代美術館)、「世界の終わりと環境世界」(2022年、GYRE GALLERY)。主な個展に、「鳥よ、僕の骨で大地の歌を鳴らして」(2015年、第一生命ギャラリー)、「L’oeil de la Baleine/ 鯨の目」(2018-19年、フランス・パリ水族館)。主な出版物として『鯨の目』(2020年、museum shop T)など。

https://ohkojima.com/

北村明子(きたむら あきこ)

ダンサー・振付家、信州大学人文学部教授。1995年文化庁派遣在外研修員としてベルリンに留学。1994年ダンスカンパニー レニ・バッソを設立。2010年より、東南〜南アジア各地域のフィールドリサーチから舞台創作を展開する、国際協働制作プロジェクトを開始。2020年からはアイルランド〜中央アジア〜日本を越境する <Echoes of Calling project> を始動。第13回日本ダンスフォーラム大賞受賞、ACC個人フェローシップグランティスト(2015)、令和2~3年度文化庁文化交流使(2020~2021年度)

http://akikokitamura.com

Search