その他のプログラム
中高生プログラム

ミュージアムグッズを企画しよう!

2022年1月29日(土) 10:00~16:00

千葉市美術館のオリジナルグッズを考えよう!

中学生・高校生を対象として、ミュージアムグッズ企画のプログラムを開催します。
講師には、全国のミュージアムショップを巡ってグッズ研究を続ける大澤夏美さんと、グラフィックデザインの活動と並行して、ミュージアムショップの運営やグッズの企画・デザインなどを進めている丸山晶崇さんをお招きします。みんなで考えた素敵なグッズは実際に商品化されるかも!?
2020年7月の美術館リニューアルオープンを機に新しく生まれ変わったミュージアムショップBATICA(バチカ)を舞台に、ここにしかないグッズを一緒に考えてみませんか?

講師

大澤夏美(ミュージアムグッズ愛好家)
丸山晶崇(デザイナー)

開催日時

20221月29日(土  

10:0016:00(途中お昼休憩1時間あり)  

会場


9階 講座室

対象

中学生・高校生  

定員

15名※応募多数の場合には抽選

参加申込受付期間

2022年1月12日(水)に締切

【WEB申し込み注意事項】

※複数名での参加希望の場合、備考欄に参加者全員の氏名、年齢、学校名を入力してください。

※迷惑メールなどの受信を制限する設定をされている方は、ご応募の前に @ccma-net.jp ドメインのメールを受信できるよう、ご設定ください。

※メールフォームからお申し込みの方には、お申込後すぐに受理メールが送られます。申込受理メールがすぐに届かない場合、迷惑メールのフォルダに振り分けられている場合がございますので、ご確認ください。その上で届いていない場合は、お手数ですが美術館までお問い合わせください。

※定員を超えるお申し込みがあった場合は抽選となり、締切日から3日以内に当選者の方にのみご案内メールをお送りします。あらかじめご了承ください。

プロフィール
大澤夏美(ミュージアムグッズ愛好家)

1987年生まれ。札幌市立大学でメディアアートを学ぶ。在学中に博物館学に興味を持ち、卒業制作はミュージアムグッズがテーマ。北海道大学大学院文学研究科でも博物館経営論の観点からミュージアムグッズを研究し修了。会社員を経てミュージアムグッズ愛好家として活動中。現在も「博物館体験」「博物館活動」としてのミュージアムグッズの役割を広める活動に邁進している。

【講師HP】
http://momonoke.wpblog.jp/

丸山晶崇(デザイナー)

2009年からのフリーランス活動を拡張し、2017年に株式会社と を設立。同年11月より、地域の文化と本のあるお店『museum shop T』をオープン。また2020年7月からは千葉市美術館ミュージアムショップ『BATICA』の企画・運営も始める。アート関係のデザインや地域のデザイン活動を進めると共に、アーティストとの共同企画や公開制作・展示など幅広い活動を続ける。「デザイナーとは職業ではなく生き方である」をモットーに、デザインを軸にしたその周りの仕事を進めている。長岡造形大学非常勤講師。

【講師HP】
http://design-to.co.jp
https://t-museumshop.com

Search