展覧会関連イベント
常設展関連ワークショップ

ちばしび工房 ― エッチング、はじめての銅版画体験

2022年2月23日(水・祝) 10:10~16:30

講師による作品

エッチングは他の画材では表現できない魅力的な「線」の技法です。描くのに難しい技術や強い力は必要無いため、子どもから大人まで誰でも気軽に体験することができます。
まずはイメージのおもむくままに線をひいてみましょう。腐蝕を経て生まれた線(凹み)にインクを詰めて大きなプレス機で刷れば、紙にはきっと楽しい線と驚きが映されているでしょう。

講師

渕沢照晃(銅版画家)  

開催日時

2022223日(水・祝)  

10:1016:30(途中お昼休憩1時間あり)  
*受付は10:00より開始

会場


5階 ワークショップルーム

対象

小学4年生以上  

定員

各回:15名
※定員を超えるお申し込みがあった場合は抽選。

参加費

800円(材料費込 / 大学生以上は別途、常設展観覧券が必要です)  

その他

6×9cmサイズの銅板で作品を作ります(刷る紙はハガキサイズ)
・あらかじめ下絵をご用意いただきます

参加申込受付期間

2021年2月8日[火]まで

【WEB申し込み注意事項】
※お一人につき、1件でお申し込みください。

※迷惑メールなどの受信を制限する設定をされている方は、ご応募の前に @ccma-net.jp ドメインのメールを受信できるよう、ご設定ください。

※メールフォームからお申し込みの方には、お申込後すぐに受理メールが送られます。申込受理メールがすぐに届かない場合、迷惑メールのフォルダに振り分けられている場合がございますので、ご確認ください。その上で届いていない場合は、お手数ですが美術館までお問い合わせください。

※定員を超えるお申し込みがあった場合は抽選となり、申し込み締め切り後、5日以内に当選者の方にのみご連絡をお送りしますので、あらかじめご了承ください。

プロフィール
渕沢照晃(銅版画家)

東京造形大学美術学科卒業。在学中に銅版画の魅力にふれ現在まで線描を追求した作品を制作。以降、内外にて個展・グループ展多数。2006年度文化庁新進芸術家国内研修員。
2010年より自らの制作スタジオを兼ねた「銅版画工房エフプレス」を千葉市美浜区に開所。初心者から美術作家まで数少ない千葉の銅版画制作の拠点として運営・指導にあたる。

【講師HP】
銅版画工房エフプレスHP
渕沢照晃HP

Search