つくりかけラボ関連イベント

アニメーションワークショップ「SF(スズメフィクション)」

2021年11月7日[日] ※7日開催分の受付は締め切りました
11月6日[土]に追加開催いたします

二人一組でポーズをとる相手の姿を描き、それを一コマずつ撮影して、絵巻物アニメーション「踊る人形」をつくります。
踊る人形という名前は、名探偵シャーロック・ホームズの作品からの引用です。暗号は、一つ一つの記号や文字がつながって、かくされたメッセージがあらわれるように、アニメーションの一つ一つの絵から、一人一人がどこからなにをみているか、みんなの想像が小さな印象となって、映像という時間の物語が生み出されます。
人間と同じように、スズメはどこにいて何をみて思って過ごしているのでしょうか。とりたちがうたうひみつを想像してみましょう。

開催日時

2021年11月7日[日] 10:10〜16:00(10:00受付開始/途中1時間お昼休憩あり)→定員以上のお申し込みがありましたので、11月6日(土)も追加で開催いたします。

講師

松本力

対象

小学生以上
※友人同士、きょうだい、親子など2人1組でご参加ください。
※小学1、2年生のお子さんは、保護者の方と一緒にご参加ください。

定員

7組(2人1組・14名/先着順)
※定員に余裕があった場合は当日も受付
※定員以上のお申し込みがあった場合は、6日(土)に追加で実施予定→定員以上の申し込みがありましたので、以降のお申込みは11/6(土)開催分とさせていただきます。

会場

5階 ワークショップルーム

参加費

1組 100円

申込締切

11月5日(金)

【WEB申し込み注意事項】
※2人1組でお申し込みください。

※迷惑メールなどの受信を制限する設定をされている方は、ご応募の前に@ccma-net.jp ドメインのメールを受信できるよう、ご設定ください。

※メールフォームからお申し込みの方には、お申込後すぐに受理メールが送られます。申込受理メールがすぐに届かない場合、迷惑メールのフォルダに振り分けられている場合がございますので、ご確認ください。その上で届いていない場合は、お手数ですが美術館までお問い合わせください。(※携帯電話のキャリアメールなどで、返信メールをお受け取りいただけないケースが散見されます。差し支えなければパソコン等で受信できるメールアドレスをご入力ください。)

※定員を超えるお申し込みがあった場合、6日(土)に追加開催を予定しています。お申し込み時点で定員以上であった場合は、6日への参加をご案内することがございます。→7日(日)開催分の受付は締め切りました。以降のお申込みは6日(土)開催分とさせていただきます。

プロフィール
松本力

1967年東京生まれ、在住。1991年多摩美術大学美術学部デザイン科GD専攻卒業。コマ割りのドローイングによる映像作品を制作。2002年より、オルガノラウンジや音楽家・VOQとのライヴ活動を継続、手製映像装置「絵巻物マシーン」によるワークショップ「踊る人形」を学校や美術館、滞在先で行う。近年の展覧会は、2017年「アブラカダブラ絵画展」(市原湖畔美術館)、「邂逅の海―交差するリアリズム」(沖縄県立博物館・美術館)、2018年「本の話、本の町」(港まちづくり協議会/名古屋)、2019年「さよならをいって、それからであう旅」(横浜市民ギャラリーあざみ野)、「記しを憶う-東京都写真美術館コレクションを中心に」(東京都美術館)、2021年「第13回恵比寿映像祭」(東京都写真美術館)などがある。

http://chikara.p1.bindsite.jp

Search