みんなでつくるスタジオ

木版画を楽しむ〜創作への第一歩〜

2021年9月7日[火]、9月14日[火] 13:00 – 17:00

講師による作品例

2日間にわたって、浮世絵の技法の一つである「多色摺り」と「ぼかし摺り」を体験していきます。1回目(9月7日)は彫刻刀の持ち方から練習して主に彫りを学びます。2回目(9月14日)は彫りあがった版に絵具と刷毛を使いぼかし摺りをして作品の完成を目指します。
日常の中に創作の喜びを織り交ぜていく、その第一歩を踏み出してみませんか?

講師

宮山加代子(木版画作家)

開催日

2021年9月7日(火)、14日(火) 13:00 – 17:00 
※2日間で1セットのプログラムです。2日ともご参加ください。
※自然災害等やむを得ない理由で延期もしくは開催中止となることがあります。

会場

5階ワークショップルーム

対象(年齢)

大人

定員

10名
※定員以上のお申込があった場合は抽選となります。

参加費

5000円(画材費・彫刻刀代・税込)
※2日分の参加費です
※板木、絵の具、摺り用紙等の画材費と、初心者用の彫刻刀の代金が含まれます。

申し込み方法

必要事項をご記入の上、メールフォームよりお申し込みください。

【WEB申し込み注意事項】
※迷惑メールなどの受信を制限する設定をされている方は、ご応募の前に @ccma-net.jp ドメインのメールを受信できるよう、ご設定ください。

※メールフォームからお申し込みの方には、お申込後すぐに受理メールが送られます。申込受理メールがすぐに届かない場合、迷惑メールのフォルダに振り分けられている場合がございますので、ご確認ください。その上で届いていない場合は、お手数ですが美術館までお問い合わせください。

参加申込受付期間

2021年7月31日(土)まで

プロフィール

宮山加代子(木版画作家、当館ワークショップパートナー)

横浜に生れ、東京教育大学で絵画を学びました。西欧での滞在経験を経て逆に日本の伝統的美術の素晴らしさに目覚めました。帰国後に木版画を修得。以後30年余、木版画の魅力を広く伝える活動を行っています。主な著書に『木版画を作ろう』(2013年阿部出版)

講師HP
https://www.hana-utushi.com/

講師作品例


Search